真言宗 御室派 

清 蓮 山
  
森 泉 寺


 名所・旧跡


ホーム

森泉寺の縁起を紹介します。

境内・仏像を紹介します。

年中行事、月例祭を紹介します。

リンク

今月の法話

祈願・加持・供養について

境内の四季の草花を紹介します。

近くの名所などを紹介します。

リンク

周辺地図、交通機関を紹介します。

ご相談、ご意見承ります。






■堂応寺宝夾印塔(国指定重要文化財)
■満願寺宝夾印塔(県指定重要文化財)
       場所 倉敷市真備町辻田古屋敷
       指定 昭和31年4月1日

花崗岩製。基礎、塔身、笠、相輪とも揃っている。
相輪は2つに折れたものを接いでいるが、原石のままである。
基礎に刻銘のあとが伺われるが、判明できない。
月輪内に薬研彫した四仏種子を配し、笠の4隅の突起わずか外に開いている。満願寺はいつの時代かわからないが、高梁川洪水で流失し、この塔だけが残り、森泉寺が管理している。造立の時代は様式からして鎌倉末期か南北朝と推定される。 
      
 基  礎 高 さ 69cm
106cm
高 さ 56cm
高 さ 81cm
輪 幅 102cm
相  輪 高 さ 108cm
総  高  312cm
                    
                      倉敷市教育委員会

Copyright(C) Since 2008. Shinsenji All Rights Reserved.